目次

ECサイトの構築費用はいくら?

ECサイトの構築費用は0円〜500万円です。

ECサイトの構築費用が10万円以下の場合

・商品写真や原稿などは依頼側が用意
・テンプレートのデザインを活用
・モール型やASP型のECサイト構築ツールを使った制作

楽天市場Yahoo!ショッピングなどへの出品や、BASEなどの無料のASPを活用したECサイト構築がこのサイトの価格帯です。
商品写真や商品の原稿さえ揃っていれば1日〜3日で作成できます。

ECサイトの構築費用が100万円以下の場合

・商品写真や原稿などは依頼側が用意
・各ASPなどのテンプレートデザインを活用
・高度なカスタマイズは望めない

この相場は、カラーミーショップEC-CUBEなどの「ASP型」「オープンソース型」を活用し制作会社に開発してもらうケースです。
プロに開発してもらうのだから、色々要望を出しても大丈夫そう!と考えるのは危険です。この相場では、多少のデザインのカスタマイズなどが中心です。

ECサイトの構築費用が500万円以下の場合

・商品写真や原稿などは制作側が用意(金額による)
・オリジナルのデザイン
・業務に合わせたカスタマイズ(機能追加)が可能

金額にもよりますが、この相場から商品撮影や原稿などのコンテンツに関しても制作会社側で担当してくれるケースが増えてきます。またデザインや機能についても業務に合わせながらカスタマイズが可能になってくる価格帯です

ECサイトの運営費用

ECサイトの運営費用は0円〜10万円です。
サーバー費用、保守費用を含めたランニングコストです。
月収100万円のECサイトを維持するための運営費用は10万円が目安となります。

ECサイトの利益率の平均は?

ECサイトの利益率の平均は15%になります。

ジャンル 利益率
家電 5%以下
ドリンク 5%以下
サロン系美容商材 15%
オリジナル商品 50%

ECサイト運営で儲ける方法

ECサイト運営で失敗しない方法

ターゲットを絞り込む

ターゲットの絞り込みとは、あなたのECサイトで“どんな客に”来てほしいかを考えることです。
ターゲットの絞り込みが出来れば、戦略を組み立てやすくなります。

ECサイトのコンセプトを決める

コンセプトとは、あなたが作るセレECサイト運営の考え方や目指すものです。
「①誰に ②どんなサービスを ③どのようにして提供し ④どうなってもらうか」に当てはめて考えると具現化しやすいでしょう。

市場規模と商圏を把握する

時代のニーズによって必要な機器やサービス、適正な価格は変化します。
ターゲット、コンセプトに合ったネット商圏エリアに出店計画やサービス内容を決めましょう。

商品の仕入れ

お店のコンセプトをもとに取り扱う商材を決めたら、必要なものを仕入れましょう。
主な仕入れの方法は3つあります。
1.国内メーカーから仕入れる
2.ネットで仕入れる
3.問屋から仕入れる
以下の記事では、メリットデメリットを含め仕入に関して詳しく記載しておりますのでチェックしてみましょう!

ECサイト運営の開業資金を投資します

銀行融資の借り入れ審査が通らない場合でも
グッドエンジェルなら「エンジェル投資家」から投資を受けることが出来ます。

ECサイトの事業譲渡

ECサイトの事業を買取りすることで安く開業することが出来ます。
M&Aサイトを活用することでECサイトを売却したい企業を効率よく探せます。

ECサイトの起業セミナー

ECサイトの起業セミナーで成功ノウハウを学ぶ。

ECサイトの開業資金の助成金

集め方内容
補助金/助成金
  • 創業助成事業
  • 小規模事業者持続化補助金

ECサイトの開業資金の融資

集め方内容
融資
融資以外
資金を借りることが出来ない場合
グッドエンジェルなら「エンジェル投資家」から投資を受けることが出来ます。

ECサイトの関連業種

ECサイトの開業 ECサイトの運営

ネットショップの開業 ネットショップの開業

仕入れの開業 仕入れの販売

個人の開業 個人の起業