目次

クリーニング店の開業資金はいくら?

クリーニング店の起業資金の平均は 522万円です。
運転資金は1ヵ月あたり44〜57万円です。
軌道に乗るのは半年を目安として下さい。
経営者の平均年齢は43歳です。

クリーニング店の始め方

必要な資格

クリーニング店は洗濯という衛生に関わる業務を行うことになります。

なので実際に洗濯機や乾燥機を使用してクリーニングを行う店舗では、クリーニング師と言う国家資格を持っている人が最低1人は必要になります。

クリーニング師の取得には衛生法規や公衆衛生、洗濯方法に関する学科テストと、繊維やシミや洗剤を見分けたりアイロンがけの実技テストがあります。

必要な申請

クリーニング店を開きたい場合、十分な設備や人員があることを証明して、営業許可を得るための申請が必要になります。

クリーニング師免許証の原本施設の平面図設備の配置図を申請書と揃えて、保健所に申請します。

申請を受けた保健所が検査をして、問題がなければ許可が下りるでしょう。

申請が必要な設備は、業務用の洗濯機と乾燥機が最低1台ずつ、特殊な溶剤を使用するなら処理設備も必要です。

必要な手続きなど

クリーニング店を開店するには、営業許可の申請と同時に、クリーニング所開設届も必要になります。

開設届の内容は責任者の住所氏名などの情報と、店舗の住所や店名、開設年月日などです。

法人としてお店を登録する場合には、登記事項証明書の提出も必要になります。

洗濯も行う一般店か、クリーニングの請負と引き渡しだけ行う取次店かで必要な申請は変わりますが、これらの手続きはどちらでも必須です。

クリーニング店の失敗する3つの理由

差別化に失敗する

ターゲットの絞り込みとは、あなたはクリーニング店で“どんな客に”来てほしいかを考えることです。
ターゲットの絞り込みが出来れば、戦略を組み立てやすくなります。

クリーニング店のコンセプトが曖昧

コンセプトとは、あなたが作るクリーニング店の考え方や目指すものです。
「①誰に ②どんなサービスを ③どのようにして提供し ④どうなってもらうか」に当てはめて考えると具現化しやすいでしょう。

消費者のニーズをつかみ損ねる

時代のニーズによって必要な機器やサービス、適正な価格は変化します。
ターゲット、コンセプトに合った商圏エリアに出店し計画やサービス内容を決めましょう。

クリーニング店開業の関連動画

全国から注文殺到の人気クリーニング店

ひろゆき クリーニング屋の儲け方

クリーニング業界の大事件ベスト3

クリーニング店を居抜き物件で開業する

クリーニング店を居抜き物件で購入すれば
激安で開業することが出来ます。

クリーニング店の事業譲渡

クリーニング店の事業を買取りすることで安く開業することが出来ます。
M&Aサイトを活用することでクリーニング店を売却したい企業を効率よく探せます。

クリーニング店の起業セミナー

クリーニング店の起業セミナーで成功ノウハウを学ぶ。

クリーニング店の開業資金の助成金

集め方内容
補助金/助成金
  • 創業助成事業
  • 小規模事業者持続化補助金

クリーニング店の開業資金の融資

集め方内容
融資
融資以外
資金を借りることが出来ない場合
グッドエンジェルなら「エンジェル投資家」から投資を受けることが出来ます。